環境概念

最新情報 最新情報
当社自慢のシステム
製品紹介
製品についての概要
環境概念
代理店募集
情報誌への掲載
展示会等への出展
会社概要
その他
リンク
人材募集
お問い合せ



【環境に関する法律】 【責任】 【挑戦1】 【挑戦2-Bconcept】


環境に関する法律

   環境汚染の問題は人類共通の問題でもあり認識されていることが、日本でもやっと、平成12年5月24日(水)に参議院で可決され、成立いたしました。(平成12年5月31日公布。平成12年法律第100号)
循環型社会を形成していくための法律、グリーン購入法(詳しくは下記サイトをご覧下さい。)です。 一方、環境マネジメントシステム(EMS)である「ISO14001」を認証取得している企業は、イメージアップだけでなく、取引先 との選択にも見極めがされることが考えられます。


     ……環境マネジメントシステム(EMS)……
環境マネジメントとは、企業活動の一環として環境保全への取組みを位置づけ、 これを具体的に推進することを云い、この取組みを管理するシステムのこと。 ISOは、96年9月1日に、企業が満たさなければならない環境マネジメントの要求事項を記載した規格 「ISO14001」を発行。ここで示される環境マネジメントシステムとは、企業活動によって生じる環境負荷を低減するため、 環境関連法の順守はもとより、環境破壊を未然に防止するためのあらゆる方策を講じ、実行することを目指そうというもの。 企業が環境マネジメントシステムを導入するメリットは、単に環境負荷を軽減するだけではない。様々なコストの軽減、 業務の効率化という効果を得られることも多い。 環境マネジメントシステムの構築を公表することで、企業のイメージアップを図ることができるのも重要な点である。 一方、環境マネジメントシステムだけでは、環境対策が企業にどのようなメリットをもたらすかを具体的に評価する ことが難しいが、環境保全に関する投資と効果を企業の財務分析に反映し、把握する「環境会計」がある。


環境庁からの「環境会計システムの確率に向けて(2000年報告)」に詳しくありますが、 これによって、環境マネジメントシステムの導入によるメリット、義務付けなどがより明確になることから、 企業の「ISO14001」取得も進むことが考えられます。私どもは、このように次々と発生する新しい問題に対し、早急に対応できる 新しい技術を持っております。


 
 
環境関連サイト(グリーン購入法)

グリーン購入ネットワーク http://eco.goo.ne.jp/gpn/index.html